2013年 第62回スプリングS レース後のコメント

   

中山11Rの皐月賞トライアル(3着まで優先出走権)、第62回スプリングステークス(GII、3歳、芝1800m)は1番人気ロゴタイプ(C・デムーロ 騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(良)。1馬身1/2差2着に3番人気タマモベストプレイ、さらにクビ差で3着に11番人気マイネルホウオウ が入った。

ロゴタイプは美浦・田中剛厩舎の3歳牡馬で、父ローエングリン、母ステレオタイプ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は7戦4勝となった。

【2013年 スプリングステークス レース後のコメント】

1着 ロゴタイプ(C・デムーロ騎手)
「いいスタートでしたが、逃げた2頭を追いかけずにリラックスさせて馬を走らせられました。前哨戦を勝って、ミルコに馬を託したいと思います。2000mも対応出来ますし、本番も楽しみです」

2着 タマモベストプレイ(和田騎手)
「いい競馬で、課題をこなしてくれました。輸送で6キロ減っていたのは許容範囲で、イレ込んでいたのも想定内でした。流れが速くなって相手も強かったですが、完全に仕上げていないので、価値のある2着だと思います。万全で行ければ次も楽しみです」

3着 マイネルホウオウ(柴田大騎手)
「収穫がありました。道中も折り合いがつきました。我慢出来て脚をタメられたらいい脚を使うので、次に繋げられるレースが出来ました」

4着 フェイムゲーム(北村宏騎手)
「スタートでは伸び上がってしまいました。その後はスピードが乗ったのですが、1コーナーでは外に張られました。しかし、すぐ折り合いがついて、3コーナーではまた内に張られましたが、直線ではよく伸びてくれました」

5着 マンボネフュー(蛯名騎手)
「現状は、スムースな競馬をしても、後ろから差され、前も捕まえきれない感じですからね。力むところがあります。少しは良くなったのですが、頑張ってもも うひと伸びが足りません。ずっと緊張している感じです。そのあたりで、道中少しずつロスが出ているのかもしれません。その力みが抜けてくれればと思いま す。まだ体力もつききっていません」

6着 サーストンニュース(戸崎騎手)
「折り合いを重視して走らせました。グッとエンジンの掛かるところで前が狭くなってしまいました。あのまま行っていれば良かったのかもしれませんが、素晴らしい根性を持ったいい馬です」

7着 ヘルデンテノール(吉田豊騎手)
「ゲートはいい感じで出ましたが、小脚が利かないからコーナーで挟まれ、あの位置になりました。トモがしっかりしてないですし、手前の替えもぎこちないです。これから力をつけて欲しいと思います」

9着 シンネン(北村友騎手)
「前走よりも具合が良くなった分、テンションが高くなってしまいました。そして、立ち上がり加減のスタートとなり、半馬身ほど遅れてしまいました。ビュッという切れる脚はないですが、うまく行けばオープンでもやれると思います」

10着 アクションスター(池添騎手)
「レースに集中していません。直線でもジャンプしてしまうほどでした」

11着 アドマイヤオウジャ(岩田騎手)
「まだ若いですが、力はあります。前半少し力むところがありましたが、今後はいいパフォーマンスが出来る馬だと思います」

13着 ワイルドドラゴン(田辺騎手)
「引っ掛かる面はありますが、道中は馬とケンカしないように行きました。ただ、くっついて行く馬がいただけに、展開としては厳しかったです」

14着 ザラストロ(松岡騎手)
「引っ掛かってしまいました。ハミを銜えてしまって…」

15着 テイエムダイパワー(太宰騎手)
「他馬に絡まれる展開が厳しかった。」

16着 クレバーユニバース(田中勝騎手)
「フワッと走らせたかったが、終始力んで走っていた。」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - スプリングステークス , , , ,