2012年 弥生賞 レース後のコメント

      2012/07/07

中山11Rの弥生賞(3歳GII・芝2000m)は、9番人気コスモオオゾラ(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒9。1馬身1/4差の2着に3番人気トリップが、クビ差の3着に5番人気アーデントがそれぞれ入線。

コスモオオゾラは美浦・高橋義博厩舎の3歳牡馬で、父ロージズインメイ、母マイネシャローナ(母の父コマンダーインチーフ)。通算成績は6戦3勝となった。

弥生賞 レース後のコメント

1着 コスモオオゾラ 柴田大知騎手
「一所懸命になるタイプなので、折り合いだけ気をつけて乗りました。道中も上手にハミを抜いて走っていました。反応もよかったですし、前も開いてくれたので一番いいタイミングで抜け出すことができました。本番もがんばりたいと思います」

2着 トリップ 田辺裕信騎手
「1コーナーに入るときに少しハミを噛みました。しかし、ペースがスローでいいポジションを取れました。直線もそれなりに伸びてくれましたが、一瞬でスッ と交わされてしまいました。今日は切れ味の差で負けましたが、この馬は間隔があいていたので次は上積みが見込めると思います」

4着 ソルレヴァンテ 後藤浩輝騎手
「未勝利を勝ったばかりのみで、前走とは違った形の競馬をしながらよく伸びてくれました」

6着 フェノーメノ 岩田康誠騎手
「馬はすごくよくなっていました。前走と同じく前で競馬をしていれば、と思います」

7着 メイショウカドマツ 藤岡佑介騎手
「ゲートの中でのび上がったときにスタートしてしまいました。前半無理して行った分、4コーナーまで大事に乗りすぎたところがありました。このクラスだと もっと早めに後ろの馬に脚を使わせる競馬をしないといけませんね。馬の具合はよく、このぐらいの馬場がちょうどいいです」

8着 アダムスピーク 内田博幸騎手
「道中のペースが超スローになってしまいました。もう少し流れて、スムーズな競馬ができればまた違った結果になっただろうと思います。4コーナーではおしくらまんじゅうのようになって、馬がかわいそうでした」

9着 ジョングルール 三浦皇成騎手
「ゲートで立ち遅れてしまいました。4コーナーではゴチャついて、スムーズな競馬だったらいいところはあったと思います」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 弥生賞, 皐月賞 , , , ,