2012年 皐月賞 レース後のコメント

   

中山11Rの皐月賞(3歳GI・芝2000m)は、4番人気ゴールドシップ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒3。2馬身半差の2着に2番人気ワールドエースが、3/4馬身差の3着に3番人気ディープブリランテがそれぞれ入線。

ゴールドシップは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母ポイントフラッグ(母の父メジロマックイーン)。通算成績は6戦4勝となった。

2012年 皐月賞 レース後のコメント

1着 ゴールドシップ 内田博幸騎手
「馬の状態もよく、スタートは出ましたが無理についていきませんでした。どちらかと言えば追わせるタイプだけに渋った馬場は向いています。勝負どころで内 がうまく開いたので、内を通していきました。そのときの脚色はスノーフェアリーのようでした。距離が延びても問題ありませんし、ダービーも楽しみですね。 馬もまだまだ成長しています」

2着 ワールドエース 福永祐一騎手
「外から馬が前に入ってきたとき、右前脚のツメを引っかけてしまいました。でも、その後はリラックスして走れました。ゴールドシップが内を突くのは見えま したが、こちらは外を選択しました。最後まで伸び続けていますし、出し抜けをくらう形でしたから、力負けではありません。東京コースならまた違うと思いま す」

3着 ディープブリランテ 岩田康誠騎手
「2コーナー手前までが課題ですが、今日も少し行きたがるような素振りを見せました。それでもよく辛抱してくれて、最高の手応えで追走できましたし、4コーナーを勢いよく回って、主導権を取りにいきました。これで負けたら仕方ないですね」

4着 コスモオオゾラ 柴田大知騎手
「この馬の力は出し切っています。もっと重い馬場の方がよかったです」

5着 グランデッツァ M.デムーロ騎手
「前回とは馬場が違いました。前走はスムーズに走れていましたが、今日は何度もノメっていました」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 皐月賞 , ,