アーリントンカップ

アーリントンカップとは
日本中央競馬会 (JRA) が阪神競馬場の芝1600メートルで施行している中央競馬の重賞 (GIII) 競走である。競走名はアーリントンパーク競馬場 (Arlington Park) に由来している。

クラシック競走やNHKマイルカップを目指す3歳馬にとって関西圏におけるステップとなる競走の1つに位置付けられている。創設以来、優勝馬はすべて関西馬であることも特色として挙げられる。これは、クラシックを狙う関東馬は牡馬であれば本競走の前後に施行される共同通信杯や弥生賞を、牝馬であれば本競走後に施行される桜花賞トライアルやフラワーカップを選択するため、出走する関東馬が少ないという事情がある。

アーリントンカップ
■ 開催地 阪神競馬場
■ 格付け GIII
■ 距離 芝・外1600m
■ 賞金内訳 1着:3700万円、2着:1500万円、3着:930万円、4着:560万円、5着:370万円
■ 出走資格 サラブレッド系3歳限定のJRA所属の競走馬、JRAに認定された地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)
■ 負担重量 馬齢重量である56kg、牝馬は54kgを基本とし、以下の負担が課せられるよう定められている。
【日本馬】収得賞金額が2,000万円以上の競走馬は1kg
【外国調教馬】重賞競走優勝馬の競走馬は1kg

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: