共同通信杯

共同通信杯(きょうどうつうしんはい)とは
日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝1800メートルで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。競走名は優勝杯を提供する共同通信社から冠名が取られている。

皐月賞・東京優駿(日本ダービー)といった3歳春のクラシック戦線の前哨戦のひとつとして位置づけられている。とくに日本ダービーと同じ東京コースで行われる事から、この時点まで東京コースの出走経験が無い競走馬に対し、日本ダービーの前に一度東京コースを経験させておく目的で、いくつかある前哨戦の中からこのレースへの出走を選択する陣営がある。

共同通信杯
■ 開催地 東京競馬場
■ 格付け GIII
■ 距離 芝1800m
■ 賞金内訳 1着:3700万円、2着:1500万円、3着:930万円、4着:560万円、5着:370万円
■ 出走資格 サラブレッド系3歳(旧4歳)のJRA所属の競走馬、JRAに認定された地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)
■ 負担重量 馬齢重量である56kg、牝馬は54kgを基本とし、以下の負担が課せられるよう定められている。
【日本馬】収得賞金額が2,000万円以上の競走馬は1kg
【外国調教馬】については重賞競走優勝馬の競走馬は1kg

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: